2010年9月4日土曜日

マウンテン

「日曜下呂なんて行くほど暇人では無いが、土曜は木下ジムにいるから来い」
と言う濃過ぎ君に言われるがまま、せっかくだし子供を連れてマウンテンプレイを楽しむべく木下ジムへと洒落込む15時。
朝からいるなんてよっぽど暇人だ、と思ったのも束の間
「これ、まだ登れてないから一緒にやるぜよ」
と言われるがまま靴を履く。
一回目であっさり登る濃過ぎ君。
どうやら人を嫌な気持ちにさせるのにどんな濃い手段も辞さないらしい。
いきなりの孤立状態から、持ち前のマキャヴェリズムで辛くも抜け出すとともに
「そうだ、明日の下呂ほのぼの決定戦を前にこんな暇人と遊んでいる暇はない!」
と思い直し、後は子供のクライミング観察。
クライミングに明るくない父親のいい加減なアドヴァイスにもかかわらず、すこぶるエンジョイだった様子。

「今日はこれから名古屋で飲んで、予約してあるホテルにて彼女とお泊りである。」
という濃過ぎ君16時。
本当は15時には出るつもりであったという。
どうやら人を嫌な気持ちにさせるのにどんな濃い手段も辞さないというのは本当らしい。
そんな手を使うようになった暇人というのは、もうだいぶいけない。
願わくば、どんな趣向を凝らした行為に興じたかを克明に報告されたし。

あとはキシスケ店長にジム音楽についてのいい加減なアドヴァイスをしたり、新しい靴を買ったりの18時。

0 件のコメント:

コメントを投稿