2010年10月25日月曜日

金土日

金曜
滋賀の会社を定時に上がり19:45ぴなくる到着。
22:00まで一生懸命。

土曜
子供を連れてマウンテンプレイを楽しむべく木下ジム
なぜかクライミング初体験女子×2名のお相手をつかまつること4時間。
クライミングがこんなに楽しいなんて知らんかった、と再発見。

日曜
朝食中

「昨日の恵那では三段と二/三段と二段しか登れませんでした。」というコウジヤナギモト氏の先制攻撃で朝から興ざめの日曜であったという。
そして「今日は体終わってるのでトリさんを叱咤激励して過ごしますわー」というコウジヤナギモト氏の提案に嫌な予感だけを抱えて到着した恵那であった。

向かう先は”恵那で二番目くらいに良い初段”という良く分からない評価の『セボネ』
ちなみに一番は『ナナメジ』である。
となりの1Qで全員程良く敗退した後、目当ての課題に取り付く最凶。
今日のみんな

体終わってるはずのコウジヤナギモト氏がいい感じにムーブをこなす。
そして圧倒的に空気の読めない男、コウジヤナギモト氏が一抜けた時の凍りついた雰囲気は形容し難いものであったという。
これがいわゆる氏の言うところの叱咤の部分だ。
その後、多少ムキになってみたものの結局登れなかった彼のテンションは若干下がり傾向にあった。
年の割に後先考えず3日連続クライミングを強行した彼が『カイエン』の岩に辿り着いた頃には、いわゆる”低テンション症”という山では命取りにもなりかねない症状に陥っていた。

「トリさん、それシモノ現象ですやん」とタカオマン。
「一緒にすんなや、ちょっとテンション低いだけや」と彼。
「いやいや、それがシモノ現象ですって」
とどうでもいい会話を展開しつつ前回惜しかった感じの『エンカイ』1Qを再トライ&sendするタカオマン。
結構一生懸命

「はぁはぁ...、トリさん、これ登れたこと、はぁはぁ...、松島君に報告しといて下さい、はぁはぁ...」と息を切らせながらもお願いされたのでこの場を借りて報告する次第であります、はぁはぁ...。

隣では『ボウズ』初段が全然出来ない自他共に認める岩馬鹿コウジヤナギモト氏。
31年前の今日産まれたというタカオマンが1歳分のアドバンテージを存分に発揮し「おいヤナモト、もっと声だしてけ!」と上から目線でなじる。
「たいして可愛くもないくせにやたらとガードが堅くてなかなかやらせてくれないオンナ」と例えるこの課題にムキになる氏に、偶然居合わせた強々氏の的確なアドヴァイスが功を奏する。
「う、うはぁ、登れてみたらすげーいい課題じゃんこれ最高ありがとうマジでみんな!」
と一瞬にして辺りを凍りつかせる氏。
「えっ?なに、なに、皆もっと喜んで!喜んで!」
と、これがいわゆる氏の言うところの叱咤の部分だ。

はしゃぎすぎたのか、半ば義務的に辿りついた『白月』の岩の前で死んだように眠るコウジヤナギモト氏。
生死不明

踊り場のない螺旋階段をコロコロとどこまでも転がるように落ちてゆくテンションに歯止めをかけるべく、彼は小雨降りしきる岩場でトライを重ねようと決意した。

その時、歴史が動いた。

あろうことか、今日のみんなの一人が御奈良をした拍子に運故がわずかばかりだが溢れだすという、20代にあるまじき悪行を働いたのだ!
若いころは”プールサイドで走る”、”そして飛び込む”、”朝専用のコーヒーを夜に飲む”という考えうる限りの悪を尽くしたタカオマンもこれにはさすがに肝を潰したという。
異様な雰囲気を察して、死んだかと思ったコウジヤナギモト氏も生き返る。
撤退を余儀なくされた彼らは雨に打たれながらも車に辿りつく。
そしてコウジヤナギモト氏から彼に手渡される”朝専用ワンダ”。
これがいわゆる氏の言うところの激励の部分だ。
褒められて伸びるタイプの彼にとって、すべて終わった後の激励は単なる嫌がらせでしかなかったことは想像に難くない。


ちなみに運故の犯人探しは、だれ一人幸せにならないので止めて頂きたい。
ならば書くなといった意見も一切受け付けないのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿