2011年1月30日日曜日

粉雪舞う季節は

朝、窓の外に広がる雪景色に淡い期待を裏切られる。

「こんなことならば自称晴れ男の関東出稼ぎを断固阻止すべきだったか...。」

と無意味な事を考えながら家を出る。

”他にやることが無い”という厳しい現実を受け入れることによって何かが吹っ切れたのか最近調子が良いといわれる彼は、片道2時間を棒に振る覚悟で鳳来に向かう。なぜなら往復4時間が無駄になったところで”他にやることが無い”からだ。
向かう先は『グリ、グラ』の岩。車の外気温計は0℃を指している。
グリグラの岩
地面は完全にwetだが岩はdryだ。
まずはグリでアップを試みる。


そしてアップ完了。
本日の目的である『グラ』三段+におもむろに取り付く彼。

「これはいわゆる得意系ってやつだな」

youtubeのヤナケン氏完登ムービーをマウス操作を誤ってイイネ!評価を押してしまう程見まくった彼の準備に余念は無い。
あれよあれよという間にムーブが完成しあとは繋げるだけだ、と誰もが予測したい所だが、こともあろうに全く出来ない。
”自分は人一倍寒がりである”という現実を今年から受け入れた彼にとって、粉雪舞う中4つも持参した使い捨てカイロがことごとく彼のことを人肌以上に温めるのを頑なに拒み続けるという厳しい状況に直面し体が言うことを聞かないのだ、と心の中で分析する。
いわゆる言い訳である。
お一人様である彼にとって、このいかんともし難い状況を打破すべく移動を決断する。
いわゆる敗退である。
今日のお一人様

向かう先は先週プロジェクトと謂われたルーフである。
まずは中間のガバからスタートする。

1回目でsend.
それならば、とSDの可能性を探る。
「むむ、これはぎりぎり出来ない感じだな」
と思うのも束の間、猛烈な勢いで降り始めた粉雪がルーフの中にまで吹き込み、マットを真っ白に染める。

「あわわ、ちょっ、ちょっと」

今日彼が鳳来で唯一発した言葉であった。
ルーフの中にすら居場所が見つけられなくなった彼は、そのまま豊田への帰路についた。

2 件のコメント:

  1. いつも楽しく読ませていただいてます。

    雪が降る中、お疲れ様でした。
    グラは残念でしたね。
    Pはなんだか楽々な感じでしたね。
    僕が充実した一日を過ごしている間、
    往復4時間も費やすとは流石です。
    かく言う私も土曜に4時間費やしましたが。

    今日自称フエコ帰りの氏が軍鶏やっていたのでは?

    返信削除
  2. tetsumageさん
    往復の4時間よりも岩場での4時間の方がよっぽど辛かったです。
    自称フエコ帰り君のケータイを知らないことに先ほど気が付きましたよ。

    返信削除