2011年2月21日月曜日

豊田

9:30 お抱え運転手付きの快適ドライブで古美山駐車場へと滑り込み、ほぼ同着の自称岐阜代表を伴って遊歩道を上がる。

早速『文明開化』に対峙する自称岐阜代表。
結構下の方で「ドサッ」するトライを繰り返しつつも
「うわぁ!今めっちゃ安定してましたよね!?」
とまさかの問いかけをする自称岐阜に
「えぇ!?そ、そう!?」
と焦りつつ
「でも先週からまだ5年経ってないから登れんだろうな。」と心の中でつぶやく。

その頃
「まだ浜松なんですけど...」
と電波の都合でほとんど何言ってるんだか分からないヤナケン氏からの電話に
「待ち合わせ時間の10時まであと15分なのに浜松から古美山まで来れるなんて、やっぱ凄いクライマーは違う!」
と感心するも、やってきたのは意外にもおよそ11時。
同時に関東組とも合流し、リーチロック右端でのヤナケン氏のマジ敗退を最後に百間へと移動。

まずは『マッドドッグ』のフラッシュアテンプトを、普通の人では持てないだろう的ホールドを駆使して当然の如く成功させるマツシマン。

ワールドクラスな登りは参考に出来ないので何度も足位置を変えながら、もう諦めたと見せかけた最後のトライで完登。
それを見たヤナケン氏も「トリさんでも出来るならオレ余裕で出来るんじゃね?」的トライで直後に完登。
それを見たフジシン氏も「おまえら優越感には浸らせねえ」的トライで直後に完登。
DSC_1638
フジシン on Mad Dog

本日のメイン『プロジェクト』へ移動。
指の怪我でクライミング自粛中のこーちゃんも、他にやることが無く合流する。
DSC_1647
今日のみんな
まずは上部から攻める。
DSC_1644
押せ押せ!
そして上部のガバへ!
DSC_1646
迫力の大ランジをキメるヤナケン氏
指皮の激しい消耗で今日のところは上に抜けることを断念し、大給へと移動。
Diamond Slab
Diamond Slabと夜景
真っ暗なのに『ダイヤモンドスラブ』を完登してしまうフジシン氏と、真っ暗なのは全然関係なしに『半生茶』で半端ない足ガクガクっぷりのヤナケン氏の完登で大給を後にする。

帰りは「司」でうなぎ丼。
Yanamoto bros
割と良く似た兄弟

0 件のコメント:

コメントを投稿