2012年9月17日月曜日

人生とはマラソンのごとく

YO-YO-,最近オレの中の悪魔が「ヒップホップで食っていけ」とささやいているシモダだぜ。
奥飛騨のJay-Zこと

しかしながら朝から横綱ラーメンってホント最高ありがとうマジで!
これがなきゃ男旅は始まらないよね、みんなも同じだろ!?
しらないうちに体がダウンのリズムを刻んでたのはご愛嬌だぜ。

幸せ!


こんな感じでAM8:00に集合した刈谷ハイウェイオアシスを出発したのは約1時間後(汗)。
そして向かう先は”おがーやま”
コージさんとトリ氏に交代で運転させて、僕とザキさんは後部座席で悠々自適。

「僕のボクシーってホント乗り心地サイコウだぜ~」なんてうとうとしてたら、

「おい、このドアの安っぽい銀色プラスチックのとこな、太陽の反射がまぶしくてイライラするんだけど黒い油性ペンとか持ってないか?」と助手席のトリ氏。

「おい、このセンターコンソールの角のとこな、運転してると膝の靭帯に当たってめちゃ痛いんだがどうゆうことだ?」と、運転を代わったトリ氏。

「あーホントだ、この安っぽい銀色のとこまぶしくてリコールだわ!」と助手席に代わったコージさん。

「でもまぁ、こういう(汚れたマットとか気兼ねなく満載できる)車を持っている仲間(役割)が一人(以上)いるってのはありがたい(便利)ということでガマンガマン(我慢)。」と大人の対応のトリ氏とコージさん。

僕だってトリ氏のイカレたフランス車に文句の一つもつけてやりたいと思ったけど、「ひがみにしか聞こえねー」と言われたのでやめました。。

途中の事故渋滞もなんのその、”生きる伝説”ザキさんの『人との出会いとはマラソンと同じである』という雰囲気の講釈を約5時間ありがたく拝聴しておがーやま到着。

すでに14:00にもなっているのでさっそく石楠花エリアでスタート。

相変わらず誰もトポを持って来ない、という毎度の状況に辟易しつつグレード不明な課題でウォミンガップするトリ氏とコージさん。

この左側の課題
「若干ムズい感じだけど苦労して登ったわりに3級とかいわれたら嫌じゃね!?」

散々文句をいいながら、わざわざ他の人から”初段”であると確認して安堵する二人。
いい年してまだそんなことに拘ってるなんて、ちょっと...、ですよね!?

僕とザキさんは『神の瞳(初段)』を目標に打ち込みます。
レジェンド on 神の瞳

アップ中のトリ氏がふらりと訪れて持ち前のバカヂカラでヒョイヒョイと登り、続いてコージさんがムチャクチャなムーブで大雑把に登っていつものイヤラシイ空気を形成します。

相変わらず大人げないなーこの人たちは!

そうは言いつつもはるばるおがーやままで来たのに初段の一つも登れないなんて悔しいのでムーブをいろいろ試して頑張って登りましたよ!

初段が登れてうれしいー!

大人げない二人は『幻の光(三段)』に移動。
前回(8年くらい前?)来た時は全然できなかったのに
「あー!おれ強くなってるー!」と連呼しながらコージさんあっさりsend。
岩場が半年振りなトリ氏は次回は余裕で登れそうかなー。

あっと言う間に真っ暗になって、18:00には撤退。
ミケのランジをちょこっとだけ。
注文してから出てくるまで1時間もかかる焼肉屋でひたすらケータイをいじってたら僕だけ電池が無くなってしまった。

僕も一緒に消えてしまいそうや~
ザキさんは「スマホもマラソンと同じで電池が切れたら終わりである」と常に10,000mA分の電池を備えているし、トリ氏は満充電の電池パックを財布に隠し持っているし、コージさんは岩場でずっと電源切ってた上にトリ氏のテザリングで電波確保してるしでほんとイライラする!

帰りの車中もまた24:00まで延々と『出会いとマラソン』について話していると思いきやコージさんは一度もスマホから目をそらすこともなく刈谷ハイウェイオアシスに到着。

この人たちは岩場意外では一度も岩の話をしなかったけど、本当にクライミング好きなのかな~

0 件のコメント:

コメントを投稿